看護部だより

こんにちは、リハビリテーション室です。~リハビリの窓 vol.2~

拘縮(こうしゅく)予防

マッサージ・ストレッチ〉

拘縮とは関節が動きにくくなった状態です。その原因は筋肉の短縮または収縮です。それを緩めるためにマッサージやストレッチなどを状態に合わせて行っています。一番必要なのは「安心感」を持っていただくことです。心の緊張は体の緊張につながるので、少しでも安心していただくために包み込むように行うことを心がけています。

理学療法士 鬼塚晃平

※「りんご便り10月号」より