理事長・院長のごあいさつ

  • 理事長・院長のごあいさつ
  • 病院理念
  • グリーンホスピタル
  • 病院概要・沿革

理事長ごあいさつ

医療法人弘生会が運営する当院には、多くの方々が入院されていますが、
そんな患者さまにとって、この病院は生活の場です。
だから、私たちは患者さまに「いい療養生活をお送りいただくこと」を一番に考えています。
「口からの食事」もその一つです。
人にとって食事は生きる楽しみの一つであります。
ご本人やご家族の希望があり、食べられる可能性があるなら、
口から食べる喜びを再び感じていただけるように努力します。
また、多くの患者さまが当院で最期のときを迎えられますが、
私たちはその人に合った穏やかな「いい看取り」をお手伝いしたいと考えています。
2019年の春からは従来からあった「りんごの理念」を強化する意味で
「人を知り、人を診る」というスローガンを掲げ、
患者さまのために「人として何ができるか」が実践できる風土づくりにも
力を注いでいます。
これからも患者さまお一人おひとりの人生に寄り添い、
「ここに入院してよかった」と思っていただけるような
医療・看護・介護に努めてまいります。
北畑 大輔
北畑 大輔

理事長ごあいさつ

患者さまが笑顔になると、自分もうれしい。
そんな気持ちを持つ当院の職員は、患者さまに一日でも長く
「自分らしい人生」を送っていただきたいと願っています。
そして、旅立たれるその日まで食事をとり、最期のときも笑顔で幕を閉じられる。
そんな理想を思い描いて看護や介護に勤しんでいます。
その理想を実現するためには、職員が一丸となって同じ方向を向く必要があります。
そこで私たちは「めざす人物像」を定めました。
めざしているのは、assistant(手伝うひと)、partner(寄り添うひと)、
presenter(笑顔を届けるひと)、leader(率先するひと)、expert(熟達したひと)です。
頭文字を並べると、apple(りんご)になります。
また、職員自身が楽しく仕事をできなければ、患者さまに真の笑顔をお届けできないので、
職員に幸せ感を感じてもらえる職場づくりも
病院にとって大切なことと考えています。
患者さま、ご家族さま、そして職員。
みんなの笑顔があふれる病院に向かって、私たちは歩み続けます。
南野 治彦
南野 治彦
  • 理事長・院長のごあいさつ
  • 病院理念
  • グリーンホスピタル
  • 病院概要・沿革