お知らせ

リハビリテーション室コラムリレー vol.1

リハビリ器具の紹介 ~ 肋木(ろくぼく) ~

 小学校の体育館内でよく見かけるこちら(左の写真)の器具は「肋木」といいます。肋木は、「スウェーデン体操の補助器具」で筋力強化や柔軟性が得られるとして、明治時代に日本に伝わりました。戦後には一度姿を消しましたが、1971年に再評価され再び姿を現しました。当院では、対象患者さまに①座位練習、②立ち上がりや立位保持練習、③下肢のストレッチ、④筋力強化(スクワット)など動作を再び獲得することを目標に使用しています。前に棒があると安心できるので、肋木がある場所はリハビリがしやすいと患者さまから好評です。

↑ スタッフと一緒に足踏み筋力強化

関屋病院ニューズレター「りんご便り9月号」より

 

 

〈リハビリテーション室 コラムリレー)

「はじまります! コラムリレー」はこちら→♦