看護部のご紹介

  • 看護部長ごあいさつ
  • 看護体制
  • 先輩からのメッセージ

看護部長ごあいさつ

緑豊かな、自然に囲まれた関屋病院はご自宅から入院される方や一般病院での治療を終えた方など、さまざまな方が長期療養できる病院です。
「過度な延命治療は行わず、患者さまが最期の時までその人らしくあり続けられるよう支援すること」
当院の理念に沿って私たちは、日々入院生活をおくる患者さまに向き合っています。 患者さまやご家族さまの笑顔や喜びの声は、私たちのやりがいに、そして、次のよりよいケアにつながっています。
そのケアのひとつに、可能な限り「口から食べる」という取り組みがあります。 病状や嚥下機能の状況をみながら、できるかぎり患者さまのご希望に沿って進めているものです。また、楽しみながら生活できるように、リハビリ室での身体リハビリに加え、それぞれの病棟でも口腔体操やレクリエーションなども行っています。
当院の理念のもと、「この病院でよかった」と思っていただけるよう、これからも患者さま、ご家族さまに寄り添い、笑顔・やさしさ・思いやりあふれる看護・介護を当院スタッフと共に提供してまいります。
髙田 美和
髙田 美和

看護体制

●病床数
350床
●看護基準
医療療養病棟 20対1
●看護方式
チームナーシングと一部機能別看護
●勤務体制
2交代制勤務、早出と遅出勤務あり
日勤 8:45~17:15  夜勤 16:45~9:15
●看護部教育体制
教育目標:看護部職員の質向上を目指し、自己啓発の動機づけの場となる学習環境を提供する
教育計画:認知症ケア研修、ノロ研修、褥瘡研修、ポジショニング研修などを実施。
また、要望があれば随時開催を行うよう体制を整えている。
院外研修に関しても各自が自己研鑽できるように研修への呼びかけを積極的に行っている。
新人教育:職員全体で新人の育成・指導を目指している。
プリセプターシップを導入し、早期に環境に適応できるようにチェック表を用い指導している。
●その他
院内保育所(1歳~小3まで 食事あり)

先輩からのメッセージ

入職して3年目の看護師です。入職時は、育児と仕事を両立することに不安な部分があったのですが、病棟の雰囲気も良く先輩ナースに支えられて頑張っています。当院は院内教育とともにキャリアアップを図るための研修も参加でき、自分自身の知識や技術を磨くことも可能です。急性期とは違い、ひとりひとりの患者さんと向かい合い心のこもった看護ができることも特徴です。 安全・安心の看護の提供のために知識や技術を磨き、その人らしい最期を迎えることが出来るように日々努力を惜しません。これからも患者さんからの「ありがとう」という言葉を励みに「寄り添う看護」を目指していきます。

看護部だより

看護部だより
関屋病院の理念のもと、残りの人生を有意義にレクレーション等で楽しんで頂けるように、年間行事やイベントを計画し実施しています。
患者様とレクリエーション(体操、お楽しみクラブ、病室レクレーション)などを行い入院生活がいきいきとしたものになるように工夫しています。
昨年の4月からは、リハビリのOTとともに転倒予防「ころばん体操」を実施しています。また、平成30年8月からは寝たきり患者を中心にした音楽レクレーションを予定しています。関屋病院に入院して良かったと思って頂けるような関わりを心がけて私たちは日々笑顔で取り組んでいます。
  • 看護部長ごあいさつ
  • 看護体制
  • 先輩からのメッセージ